野嶋一生

                    
     
 
 

プロフィール

竹中木版 竹笹堂の彫師。竹中健司が講師を務めた京都市立芸術大学にて木版画を専攻し、卒業後に彫師として入社。菊田流木版彫刻を継承する名彫師・藤澤洋氏に木版彫刻技術を師事。仏画から現代グラフィックまで幅広く木版彫刻を行うほか、全国各地に眠る古い版木の修復・再現も担当。線や面で表現する描写を得意とし、自身の作品制作や商品デザインをも担う。

                     
              

すべての作品をみる▾