小さな古都の木版画

いつだってそばに、京都。

写真とはひと味違う思い出を飾りませんか。棚の上や壁に飾っても程よいサイズの小さな京都の木版画を集めました。きっと、眺めるたび鮮やかに楽しい記憶が蘇ります。(額装サイズ約22cm×約27.5cm)

Kyoto in memory

石畳の風景

賑わう大通りから外れると、整然と並ぶ町家と石畳。いつ歩いても、華やかな雰囲気の残る巽橋あたりへ向かう小道は、しっとりとした風情を感じます。

木版画 竹中健司「Gion」

京都時間シリーズ

京都の街で長年にわたり培われた文化、工芸、芸能を体現する舞妓(まいこ)さん。誰もがその艶やかな姿に目を奪われます。凛と前を見据えながらも優雅に舞う姿をはんなりとした空気感を感じるように描きました。

木版画 加藤光穂「京都時間 maiko」

芸術の秋

舞妓さんや芸妓さんがその美と技芸を披露する京都五花街の「をどり」。秋に開催される祇園の花街による「祇園をどり」は、美しい紅葉の京都との協演で楽しまれています。

季節の木版画 原田裕子「秋をどり」