京都てくてく、
ひとめぐり。

京都の行事や四季折々の風景を描く竹笹堂の木版画を通して京の歳時記や、竹笹堂スタッフが季節にまつわるよもやま話をご紹介!
京都の街を旅する気分で楽しんで。

地蔵盆

 地域や子どもの守り神、お地蔵さん。京都の街ではあちらこちらで見かけることができます。その数なんと5,000以上とか。古くから町内(自治会)の出入り口に置かれているお地蔵さんを現在でも地元の人は大切にお世話しています。そのお地蔵さんのお祭りが地蔵盆(じぞうぼん)。毎年8月24日前後に、子どもの成長や町内の安全を願って行われる伝統行事で、地元のお地蔵さんを祠から出して新たにお化粧しお供えを飾り、その前で子どもたちが集まり遊ぶ。京都の子どもたちにとって、夏休み最後を飾る楽しみなひとときです。

十三仏 地蔵菩薩

地蔵盆が近づくと、町内の人たちはお地蔵さんを祠から出して、お化粧(彩色)し新しい前掛けを着せて準備をします。

作者加藤光穂

2,200円(税込)

商品詳細

季節の木版画 すいかストライプ

地蔵盆のおやつといえば、すいか。大玉のすいかですいか割りを楽しんだりみんなで食べたり、美味しい思い出です。

作者原田裕子

2,200円 から(税込)

商品詳細

季節の木版画 ヨーヨー

地蔵盆は子ども主体のお祭り。子どもたちが楽しめるように、ゲームや人形劇、ヨーヨーつりなど様々な行事が行われます。

作者原田裕子

2,200円 から(税込)

商品詳細

バックナンバー