京都てくてく、
ひとめぐり。

京都の行事や四季折々の風景を描く竹笹堂の木版画を通して京の歳時記や、竹笹堂スタッフが季節にまつわるよもやま話をご紹介!
京都の街を旅する気分で楽しんで。

紅葉狩り

 紅葉狩りは平安時代以前から貴族が秋の風物詩として楽しんでいたそう。江戸時代には庶民の間でも流行し、その様子は広重の浮世絵「京都名所十景 通天橋の紅葉」に描かれています。通天橋がある京都の東福寺境内には約2000本の紅葉が植えられ「錦の雲海」といわれるほど。これは必見!ですが、このような寺社の名所のほかにも、実は穴場の紅葉スポットが。街中では京都御所や、市内北の左京区にある宝ヶ池公園もおすすめ。紅葉を見ながら広い敷地の自然の中を散策できます。温かいコーヒーを片手に、癒しのひとときを楽しんで。

浮世絵和紙 京都名所之内
通天橋ノ紅楓

紅葉の下で語らう人々の楽しげな話し声が聞こえてきそう。きっと、お食事もとびきり美味しく感じるでしょうね。何とも羨ましい!

作者歌川広重

1,320円(税込)

商品詳細

季節の木版画 楓歌留多

楓や紅葉がモチーフの竹笹堂作品の中でダントツ人気の逸品。かるた遊びのリズムと、色とりどりの楓が明るい気分にしてくれます。

作者原田裕子

2,200円 (税込)から

商品詳細

手摺り木版画のじゃばら帖 秋楓

こんな秋色の素敵なノートがあるだけで、毎日が楽しくなりそう!紅葉をノートに挟んで押し花にするのも素敵ですね♪

作者原田裕子

2,750円(税込)

商品詳細

バックナンバー