職人便り

竹笹堂の木版職人が技法や歴史のご紹介と共に、作品を制作する想いや、ふだんのでき事をお話します。

おかしなモクハン(和菓子編)
六代目摺師・原田裕子

 節句にと、実家からあくまきが届きました。小さいときから親しんできた地元の郷土菓子です。京都では、夏越しの祓に水無月をいただきます。四季折々の風物などが意匠や素材として織り込まれ、視覚にも味覚にも味わい深い和菓子。そこにこめられた願いや季節感を、木版画のデザインで再構築してみました。

ブックカバー 水無月

毎年6月には欠かせない、ふしぎな三角形。

作者原田裕子

1,320円

商品詳細

季節の木版画 はなびら餅

新年の美しいお菓子。しかもごぼうが入っている驚きといったら!

作者原田裕子

2,200円(税込)から

商品詳細

季節の木版画 鯛焼市松

手軽にめでたく、焼きたてがうれしい。

作者原田裕子

2,200円(税込)から

商品詳細

バックナンバー