職人便り

竹笹堂の木版職人が技法や歴史のご紹介と共に、作品を制作する想いや、ふだんのでき事をお話します。

仕事場
6代目摺師・原田裕子

 竹笹堂に打ち合わせにこられる方は、よくこの仕事場を面白がってくださります。彫り摺り仕立てに事務、店舗・教室に打ち合わせ、そして食事休憩。路地中の古い町家の畳の上、毎日各々が広げたりしまったりして作業をしています。地域や職種によって違う、仕事場のかたち。外の視点が入ると、特有な空間を再認識し愛おしさが増します。

kyomachiya

立ち並ぶ京町家。古くからこの土地で営まれてきた暮らしに思いを馳せます。

作者加藤光穂

2,200円(税込)から

商品詳細

西陣沈丁花

かぐわしい香りで春を告げる沈丁花の花。白く明るい花の色は町家によく映えるのです。

作者竹中健司

22,000円(税込)から

商品詳細

MOKUHAN 大きな風呂敷「つばき」グリーン

納品には、風呂敷。そんな日常の風景に美しさを感じます。

デザイン原田裕子

2,200円(税込)から

商品詳細

バックナンバー