職人便り

竹笹堂の木版職人が技法や歴史のご紹介と共に、作品を制作する想いや、ふだんのでき事をお話します。

まあるいかたち
彫師・野嶋一生

 彫師になって最初に練習するのが丸の彫です。版木刀に伝える力加減が常に一定でないと美しい丸になりません。正円が彫れるように体で覚えると、どんな種類の丸でも彫れるようになります。いろんな丸を彫ることで、また正円の彫が上達していきます。

コマ

シンプルな絵柄は彫の量は少ないですが、一瞬の集中力で美しい円を彫りあげます。

作者竹中健司

3,300円(税込)から

商品詳細

ひらく

すこし抑揚のある椿の丸い花びら。線のブレ、ではなく味と感じてもらえるように心がけます。

作者原田裕子

11,000円(税込)から

商品詳細

東海道五十三次 三条大橋

浮世絵にはたくさん線が入っていますが、そのなかにも大きな丸や小さな丸が入っています。

作者歌川広重

13,200円(税込)から

商品詳細

バックナンバー