水辺の木版画特集

水辺の風景を描いた木版画作品

季節の変化とともに表情を変える水辺の風景は安らぎを感じます。水性木版画の表現を活かし、空間に爽やかな風を届ける一枚をご紹介します。

穏やかな大海を臨む雄大な作品

TOREMOLO / 森愛鐘

晴れた空に青い海 岬に灯台、漂う舟。いつもそこにあるようなどこにもないような、ニュートラルに心を鎮めて出会う風景。その一瞬の自然のグラデーションを水彩木版画で表現した。

作品詳細

ARPEGGIO / 森愛鐘

太陽がゆっくりと西の大地に吸い込まれる。とたんに空はぐっと暗くなり、地平線は彩度を増し、夜の闇が押し寄せてくる。空と呼応して、河を覆う水面もまた美しく表情を変えてゆく。その一瞬の自然のグラデーションを水彩木版画で描いた。

作品詳細

冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏 / 葛飾北斎

渦を巻きながら崩れる荒々しい波と、遠くで泰然自若とした富士。動と静の風景に、西洋画法の遠近法を取り入れたダイナミックな構図が特徴です。また波の青色は、旧来の藍色とともに、当時西欧から輸入されたばかりの人工の顔料「プルシャンブルー」を使い分けています。

作品詳細

竹中健司が描く京の都を流れる鴨川作品

Kamo-River / 竹中健司

京都・鴨川の水源がある雲ヶ畑から出町柳の三角州までは「加茂川」と表記されます。市内の喧騒から遠ざかり、悠々とゆったり流れる加茂川を描きました。澄み渡る空や川の水色のグラデーションが印象的なリバーシリーズ。

作品詳細

Kamogawa ame / 竹中健司

都の中心を悠々と流れる鴨川。古くから人々の生活に寄り添い、親しまれてきました。鴨川は長い間、京都の発展や戦など、様々な歴史を見つめてきたことでしょう。そんな時の流れや、密度の濃い時間を色に表すと、1色ではなく、無限に広がる色となりそうです。

作品詳細

水辺の暮らし・生き物たちを描いた作品

moon and pondlily / 竹中健司

観月の名所として知られる北嵯峨の名勝「大沢の池」。水面にゆらめく月明かりを光沢の異なる複数の金色で描き、紺紙金泥の優美な世界を表しました。

作品詳細

lapislazuli / 竹中健司

作品に描いたのは夏鳥としてやってくるコルリ。青色の版を重ねることによって、豊かな濃淡をもつ瑠璃色の羽毛を、その柔らかな質感とともに表現しました。

作品詳細